maki3tutu's blog

思ったことをつれづれと

これからやってみたいこと

 

<これからやってみたいこと>

すぐに思い浮かんでは、すぐに消えてしまうので、メモしようと思う。

 

 

最近やってみたいと思ったことは

1人の人の手の写真と顔の写真を撮って

誕生日や病歴、生活歴、教育歴、親子関係

性格、考え方、受け止め方などを確認して

 

手の写真は手相占い、顔の写真は人相占い

誕生日は西洋占術・六星占術四柱推命をして

その人の人生年表みたいなものを作って

果たしてどれだけ占いが関係しているのか

というものを検証したい。

 

しかも1人だけじゃなくて、100人とかもっと沢山(笑)

 

 

 

何をしたいんだって感じですけど(笑)

私が高齢者の多い施設で働いていて

リハビリで対象者に直接触れる機会が多いんだけど

その中で高齢者の方の手相見るとさ

結構な確率で生命線に横線がまたがっている人が多いのよね。

f:id:maki3tutu:20170328180521p:image

 http://dairinboku.com/syougaisen/

(勝手にリンクを貼ります。すみません)

 

この横線は障害線と言って、<身内に不幸事、何かしら災難、病気の可能性>を示唆するんですって。

なぜかねー、脳卒中になった人のほとんどに

この障害線がついてるんですよ。

我が家の家族(父・母・私)にはついてる人誰もいないんだよね。

あと骨折だけの高齢者には、障害線ない人が多い気がする。

だから何?って話なんだけれども

 

私は昔から手相に関しては、その人の習慣が手に現れるのかなぁと思うんですよ。

例えば、感情豊かな人は手の握り方が柔らかい?から、曲線を描くような感情線になるのではないか?とか

力仕事をする人や体力がある人、運動習慣のある人は、拳を握る時の力の入れ具合に共通した何かしらがあるから、生命線がはっきりしてエネルギッシュな人という判断になるのではないか?とか

その人の生き様が手に現れるのかな?と。

 

 

 

だから、そういうのを検証してみたいんですよね、いつの日か。

そして写真集みたいなのにして出してみたい(笑)

「いろんな手と生き方」なんてタイトルにして(笑)

 

 

 

 

 

誕生日に関連する占いに関しても思うところがある。

 

あんまり誕生日系の占いって信じたくないというか

いい情報しか受け入れないというところはあるのだけれど

なんせ、私と誕生日が一緒の人なんて沢山いるのに

その人たちみんなと人生の流れが同じなんて気持ち悪いし

同級生の同じ誕生日の子と自分を比べてもどこか腑に落ちないし(笑)

 

という気持ちがあるから、あまり熱心に信じてはいないんだけど(笑)

 

 

 

それでも、私たちは生まれた星なるものがあるのかもしれないと思うことがあるんです。

あまり上手く説明できないんだけども

世の中には普遍の事象なるものがあるでしょう。

例えばN極とS極はくっつくけど、N同士、S同士では離れようとする。

何が起ころうと、物質の最小単位は原子でしょう。

宇宙の星は無規則かと思ったら、規則的に並んでいる。

そういった世の中の普遍の事象なるものが沢山あるよね。

これらは選んでそうなったわけではないのよね。

最小からそうなるようにできてる。

計算で出てくる。

数字で実証されるんだよね。

そうなりたくてそうなったわけじゃない。意思なんてない。

そうなるように最初からシナリオがあるんですよ。

 

 

 

そういう事象があることを知ると、もっとそういうものを探したくなって探すんだけど

(例えば雑誌のニュートンやネイチャーとか(笑))

普遍の事象を知れば知るほど

「私はもしかしたら、自分の意思で動いているのではなくて

何かしら見えない力?に引き寄せられてここまでたどり着いたんじゃないかしら

自分の意思でここまできたつもりでいるけど、そうじゃない気もする」

そう思うことが沢山ありすぎる。

 

 

 

だからもしかしたら、生まれたその時の時間とか天気とか周囲の状況とか

よくわからないけど何かしらのパワーによって

運みたいなものかもしれないし、宇宙の力かもしれない

それらによって突き動かされているかもしれない

と思うのよねん。

 

こんなことあまり言いすぎると変な思想を持った人だと思われるかもしれないけど(笑)

 

 

そうじゃなくて数値にして影響を考えることができる気がするんだよな。

誕生日から決まる何かを。

 

 

 

将来的にさ、誕生日とか手相とか人相とかからもデータとって

診療に生かされる時代が来るんじゃないかなんて

妄想している(笑)

多分私が生きている間には立証が難しいかもしれないけれど(笑)

 

 

 

 

以上。私がやりたいことでした(笑)

 

f:id:maki3tutu:20170328184130p:image