読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maki3tutu's blog

思ったことをつれづれと

健康について

 

こんばんは。

最近は、掃除や洗濯、料理をできるだけやっております。

 

今までは、仕事や授業が終わった後は家事をヤル気がなくて、インターネットやテレビにかじりついて何もせずに2時間くらい過ごしてた。そして買ってきたものを食べたり、面倒な時は外でご飯を食べたりしておりました。

まぁそんな生活を継続したことにより、下痢やら胃潰瘍やら膀胱炎やら生理不順やら様々な症状を引き起こすなど体調不良へ。

仕事や勉強も頑張れなくて、自分の人生には未来が見えないのでは?なんて1人で’落ち込んだり、泣いたり、友達に電話したりしていたという状況がありました😭

 

だが、しかし!

私は大学にも通っていて、かつ仕事はフルタイムで働いていて、かつ趣味や私生活も充分楽しみたいと思っていたからね。

「どうにかせねば!」と笑

 

 

そう考えて、筋トレをしたり手料理を頑張ったりしておりましたが、頑張ることって続かないんだよね笑。

筋トレは最初の1週間は続いたけど、その後は気が向いた時に週1・2回ですし、手料理は週3回できたら途中で疲れてやらなくなっちゃうし笑

そこで考え方を変えました。

 

 

頑張らなくていいけれども、自分にできる範囲でできるだけことをしようと。

そこで読んだのがこの本

 

考えない台所 (Sanctuary books)

考えない台所 (Sanctuary books)

 

 この本を参考になぜ今の自分が料理をすることを億劫に思うのかや、どんな台所だったら料理したいと思えるのかということを整理しました。

そして気付いたのは、私は料理をする時に「次に何をどうすればよいのか考える時間が嫌なんだ」ということがわかりました。

例えばお味噌汁を作るにしても、味噌、出汁、乾燥わかめ、片手鍋、これらの全ての道具や材料が全部違う場所にあるので、「あれとこれとあれを出して…」と少し考える必要がありました。またそれぞれの場所に移動し、手を伸ばし取り、使用したらまた元の位置に戻すという行為が必要となります。

 

だがしかし!

本書にはそういう無駄がやる気を奪うと書いてます!あまり意識せずに料理してたけど、言われてみれば結構気持ちが重くなる気がしました。本書でのこの問題の解決策は、冷蔵庫の中に「〇〇セット」のカゴをつくるというものでした。

例えば

味噌汁セット:味噌、出汁、具     (片手鍋は別)

朝ごはんセット:納豆、豆腐、梅干し、味噌大根など

お弁当おかずセット:ブロッコリー、卵焼き、ほうれん草、肉炒めなどのタッパ

お野菜なんでもセット:まだ使っていない食材を入れる

このように使う用途に合わせてカゴで仕切りを作りました。

 

するとー

今まで、大量にある冷蔵庫の中から目的のものを探し当てるという工程が減り、自分が何をしたいかによって必要な材料を取り出すことが可能性になりました。

これだけで料理毎日するようになるんだから、驚きですね。

今では2週間お料理週間続いております。

私にしては珍しい限り…。

 

 

 

面倒臭くて習慣にならないことは、何がそうさせているのかを考える必要があるんだなぁと思いました。どこかにきっと省けるムダがあるから、それをすることが億劫になっているんだと思う。きっと筋トレが続かない理由も、部屋狭いため、筋トレの時に物を片付ける必要があって、それが手間なんだろうなぁと思います。徐々にそういう部分を解明してもっと豊かな生活を送れるようにします。

 

 

そして、意外な収穫が、今まで面倒臭がって家事を後回しにして、ダラダラ過ごす時間が2時間くらいあったんだけども、その時間がなくて も元気でいられるようになりました。

  • 料理や掃除をちゃんとするようになったら、なぜか2度寝しなくなりました。(下痢はあるけどね)
  • あとは、夜ちょっと夜更かししても2度寝しない。
  • 仕事中眠くならない。
  • なんだか調子がよい。
  • 部屋をキレイに保てる
  • 本を読んだり、勉強することが億劫でない
  • ポジティブに考えられるようになった

などなど

 

 

なぜかわかんらないんですよね〜

筋トレやらなくなったのに、なぜか家事をしているだけでどんどん元気になっっていく

なぜか寝相もよくなった

 

なんでなのでしょう。

 

自立した生活、自分で自分の身の回りを世話するとなぜ、健康なのか…。

この感覚は私は人生初なので、今後も自分の声に耳を傾けて様子を見続けるとします。

面白い結果が出ることを祈るわ。

 

 

では、眠くなってきたので、そろそろ

さいなら💖