読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maki3tutu's blog

思ったことをつれづれと

これからやってみたいこと

 

<これからやってみたいこと>

すぐに思い浮かんでは、すぐに消えてしまうので、メモしようと思う。

 

 

最近やってみたいと思ったことは

1人の人の手の写真と顔の写真を撮って

誕生日や病歴、生活歴、教育歴、親子関係

性格、考え方、受け止め方などを確認して

 

手の写真は手相占い、顔の写真は人相占い

誕生日は西洋占術・六星占術四柱推命をして

その人の人生年表みたいなものを作って

果たしてどれだけ占いが関係しているのか

というものを検証したい。

 

しかも1人だけじゃなくて、100人とかもっと沢山(笑)

 

 

 

何をしたいんだって感じですけど(笑)

私が高齢者の多い施設で働いていて

リハビリで対象者に直接触れる機会が多いんだけど

その中で高齢者の方の手相見るとさ

結構な確率で生命線に横線がまたがっている人が多いのよね。

f:id:maki3tutu:20170328180521p:image

 http://dairinboku.com/syougaisen/

(勝手にリンクを貼ります。すみません)

 

この横線は障害線と言って、<身内に不幸事、何かしら災難、病気の可能性>を示唆するんですって。

なぜかねー、脳卒中になった人のほとんどに

この障害線がついてるんですよ。

我が家の家族(父・母・私)にはついてる人誰もいないんだよね。

あと骨折だけの高齢者には、障害線ない人が多い気がする。

だから何?って話なんだけれども

 

私は昔から手相に関しては、その人の習慣が手に現れるのかなぁと思うんですよ。

例えば、感情豊かな人は手の握り方が柔らかい?から、曲線を描くような感情線になるのではないか?とか

力仕事をする人や体力がある人、運動習慣のある人は、拳を握る時の力の入れ具合に共通した何かしらがあるから、生命線がはっきりしてエネルギッシュな人という判断になるのではないか?とか

その人の生き様が手に現れるのかな?と。

 

 

 

だから、そういうのを検証してみたいんですよね、いつの日か。

そして写真集みたいなのにして出してみたい(笑)

「いろんな手と生き方」なんてタイトルにして(笑)

 

 

 

 

 

誕生日に関連する占いに関しても思うところがある。

 

あんまり誕生日系の占いって信じたくないというか

いい情報しか受け入れないというところはあるのだけれど

なんせ、私と誕生日が一緒の人なんて沢山いるのに

その人たちみんなと人生の流れが同じなんて気持ち悪いし

同級生の同じ誕生日の子と自分を比べてもどこか腑に落ちないし(笑)

 

という気持ちがあるから、あまり熱心に信じてはいないんだけど(笑)

 

 

 

それでも、私たちは生まれた星なるものがあるのかもしれないと思うことがあるんです。

あまり上手く説明できないんだけども

世の中には普遍の事象なるものがあるでしょう。

例えばN極とS極はくっつくけど、N同士、S同士では離れようとする。

何が起ころうと、物質の最小単位は原子でしょう。

宇宙の星は無規則かと思ったら、規則的に並んでいる。

そういった世の中の普遍の事象なるものが沢山あるよね。

これらは選んでそうなったわけではないのよね。

最小からそうなるようにできてる。

計算で出てくる。

数字で実証されるんだよね。

そうなりたくてそうなったわけじゃない。意思なんてない。

そうなるように最初からシナリオがあるんですよ。

 

 

 

そういう事象があることを知ると、もっとそういうものを探したくなって探すんだけど

(例えば雑誌のニュートンやネイチャーとか(笑))

普遍の事象を知れば知るほど

「私はもしかしたら、自分の意思で動いているのではなくて

何かしら見えない力?に引き寄せられてここまでたどり着いたんじゃないかしら

自分の意思でここまできたつもりでいるけど、そうじゃない気もする」

そう思うことが沢山ありすぎる。

 

 

 

だからもしかしたら、生まれたその時の時間とか天気とか周囲の状況とか

よくわからないけど何かしらのパワーによって

運みたいなものかもしれないし、宇宙の力かもしれない

それらによって突き動かされているかもしれない

と思うのよねん。

 

こんなことあまり言いすぎると変な思想を持った人だと思われるかもしれないけど(笑)

 

 

そうじゃなくて数値にして影響を考えることができる気がするんだよな。

誕生日から決まる何かを。

 

 

 

将来的にさ、誕生日とか手相とか人相とかからもデータとって

診療に生かされる時代が来るんじゃないかなんて

妄想している(笑)

多分私が生きている間には立証が難しいかもしれないけれど(笑)

 

 

 

 

以上。私がやりたいことでした(笑)

 

f:id:maki3tutu:20170328184130p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康について

 

こんばんは。

最近は、掃除や洗濯、料理をできるだけやっております。

 

今までは、仕事や授業が終わった後は家事をヤル気がなくて、インターネットやテレビにかじりついて何もせずに2時間くらい過ごしてた。そして買ってきたものを食べたり、面倒な時は外でご飯を食べたりしておりました。

まぁそんな生活を継続したことにより、下痢やら胃潰瘍やら膀胱炎やら生理不順やら様々な症状を引き起こすなど体調不良へ。

仕事や勉強も頑張れなくて、自分の人生には未来が見えないのでは?なんて1人で’落ち込んだり、泣いたり、友達に電話したりしていたという状況がありました😭

 

だが、しかし!

私は大学にも通っていて、かつ仕事はフルタイムで働いていて、かつ趣味や私生活も充分楽しみたいと思っていたからね。

「どうにかせねば!」と笑

 

 

そう考えて、筋トレをしたり手料理を頑張ったりしておりましたが、頑張ることって続かないんだよね笑。

筋トレは最初の1週間は続いたけど、その後は気が向いた時に週1・2回ですし、手料理は週3回できたら途中で疲れてやらなくなっちゃうし笑

そこで考え方を変えました。

 

 

頑張らなくていいけれども、自分にできる範囲でできるだけことをしようと。

そこで読んだのがこの本

 

考えない台所 (Sanctuary books)

考えない台所 (Sanctuary books)

 

 この本を参考になぜ今の自分が料理をすることを億劫に思うのかや、どんな台所だったら料理したいと思えるのかということを整理しました。

そして気付いたのは、私は料理をする時に「次に何をどうすればよいのか考える時間が嫌なんだ」ということがわかりました。

例えばお味噌汁を作るにしても、味噌、出汁、乾燥わかめ、片手鍋、これらの全ての道具や材料が全部違う場所にあるので、「あれとこれとあれを出して…」と少し考える必要がありました。またそれぞれの場所に移動し、手を伸ばし取り、使用したらまた元の位置に戻すという行為が必要となります。

 

だがしかし!

本書にはそういう無駄がやる気を奪うと書いてます!あまり意識せずに料理してたけど、言われてみれば結構気持ちが重くなる気がしました。本書でのこの問題の解決策は、冷蔵庫の中に「〇〇セット」のカゴをつくるというものでした。

例えば

味噌汁セット:味噌、出汁、具     (片手鍋は別)

朝ごはんセット:納豆、豆腐、梅干し、味噌大根など

お弁当おかずセット:ブロッコリー、卵焼き、ほうれん草、肉炒めなどのタッパ

お野菜なんでもセット:まだ使っていない食材を入れる

このように使う用途に合わせてカゴで仕切りを作りました。

 

するとー

今まで、大量にある冷蔵庫の中から目的のものを探し当てるという工程が減り、自分が何をしたいかによって必要な材料を取り出すことが可能性になりました。

これだけで料理毎日するようになるんだから、驚きですね。

今では2週間お料理週間続いております。

私にしては珍しい限り…。

 

 

 

面倒臭くて習慣にならないことは、何がそうさせているのかを考える必要があるんだなぁと思いました。どこかにきっと省けるムダがあるから、それをすることが億劫になっているんだと思う。きっと筋トレが続かない理由も、部屋狭いため、筋トレの時に物を片付ける必要があって、それが手間なんだろうなぁと思います。徐々にそういう部分を解明してもっと豊かな生活を送れるようにします。

 

 

そして、意外な収穫が、今まで面倒臭がって家事を後回しにして、ダラダラ過ごす時間が2時間くらいあったんだけども、その時間がなくて も元気でいられるようになりました。

  • 料理や掃除をちゃんとするようになったら、なぜか2度寝しなくなりました。(下痢はあるけどね)
  • あとは、夜ちょっと夜更かししても2度寝しない。
  • 仕事中眠くならない。
  • なんだか調子がよい。
  • 部屋をキレイに保てる
  • 本を読んだり、勉強することが億劫でない
  • ポジティブに考えられるようになった

などなど

 

 

なぜかわかんらないんですよね〜

筋トレやらなくなったのに、なぜか家事をしているだけでどんどん元気になっっていく

なぜか寝相もよくなった

 

なんでなのでしょう。

 

自立した生活、自分で自分の身の回りを世話するとなぜ、健康なのか…。

この感覚は私は人生初なので、今後も自分の声に耳を傾けて様子を見続けるとします。

面白い結果が出ることを祈るわ。

 

 

では、眠くなってきたので、そろそろ

さいなら💖

 

 

 

 

 

 

 

 

kurusii

体調不良万々歳

 

苦しいって本当に苦しいんだなって実感

 

自分の行動がね

生活習慣の乱れがね

この状況を生み出していたからこそ

 

なお苦しい

 

改善する方法が自分の行動次第ということが

1つだけ嬉しいことである

 

 

でもでもやっぱり苦しいのは苦しくて

うう、ゲホゲホ、キリキリ、ぎゅーん

 

この苦しいのもさ

あと1ヶ月くらいすればさ、すぐなくなってさ

生活習慣の乱れ改善しようとするのも

忘れてさ

また同じように体調を崩すんだろう

 

という今までの私の行動パターンの予測でござんす

 

 

 

 

でも、人生は夢だらけ

 

今はたいていのことがあっても

けっこう生きていける世界だと

思われるので

 

 

課題いっぱいあったり

仕事溜まってたり

恋愛で絶望したり

友達と喧嘩したり

家族と仲直りしたり

掃除と洗濯たまっていたり

恋人が欲しくなったり

寂しい気持ちが我慢できなかったり

友達に夜な夜な電話かけたり

 

 

そんなことをしながらさ

なんとか乗り越えていこうってなわけです

 

 

 

今年の目標は、

①旅行に行く

②本をたくさん読む

③散歩をたくさんする

 

でございます

 

 

 

①旅行にたくさん出て、新しい刺激やら発見を求め、ストレスの発散とともに視野を広げる

②本をたくさん読んで、知らなかったことを知って、感動して、心動かされて、新しい自分を発見する

③散歩をたくさんして、身近な環境にもいろんなホッとするものキュンとするものが溢れていることを知り、いつもの世界でもちゃんとワクワクできる大人でいる

 

 

それが私の今年の目標\( ˆoˆ )/

 

 

自分のが好きよ〜〜

 

 

大人になるってどういうこと?

 

今日も気づいたことをぽつりぽつりと呟いていく

 

気づいちゃった気づいちゃったわーいわーい←

結構古いネタ(笑)

 

 

 

昨日も書いたけど、私が信じ切っていた信念について

自分が信じていた信念ってきっと本とかネットに書いてある、だれかがある事象を見て導き出した普遍性なんだろうと気づいた

「親に愛されずに育つとストレスに弱くなる」

「○○な関係を築く人は疲れている」

「こんな態度になるのは幼少期の影響」

とかとかとか他にもいっぱいあるじゃない

よく本に書かれているじゃない

 

 

で、私も安直に自分の人間関係にそれを当てはめていたわけ

この人のこういう事象は、こういうことが影響しているんだろう(←完全に決めつけ)

こういう考えの人は、こういう幼少期を過ごしているらしい、聞いてみよう

あーやっぱりー、あちゃーやばいな(←本の受け売り)

って思って

 

こうしたほうがいいよ

こういう考えのほうが得かもよ

と超絶超絶上から目線の発言、誰だよお前何様なんだよ、としか思わないよね

最低だった2016年の私

 

 

本当に大切なのって、本に書いている普遍的な事象とか

ネットのアドバイスじゃなくてさ

目の前の「あなた」がどう感じて、どうしたいのか

なんでそう思ったのか、私はそれを受け入れられるか

受け入れられないのか、それならばどうしていこうか

ってシンプルにそれを話し合っていけばよかっただけなんじゃないのかしら

 

 

目の前の「あなた」を置いてけぼりにして

ハイになっている自分の頭で独りよがりな意見飛ばしてるのださい

最低だと思う

 

 

こんなださい2016年の私と関わり続けてくれた人に感謝しかない

ありがとうございます

本当にすみませんでした

 

 

なんでも出来ちゃうと思い込んでいた証拠だね

自分はスーパーマンで変えられないことなんてあるわけないと

頭ぶっ飛んでいた証拠だね

 

 

「あなた」が私を傷つけていると思い込んでいたけど

逆だったよ

私が「あなた」を傷つけていたんだ

 

 

人との関わりで手を抜いて簡単にいくことなんてないよね

いつもは難しいけど、ないがしろにしてはいけないと思った

 

 

 

ここ最近、自分の感情が変だなってつくづく思っていたんだ

自分は何に対して怒っているんだろう

なんでうまくいかないことを周囲のせいにしているんだろう

それってなんでそう思っているんだろう

ってたくさん考えてたら、恩師の言葉を思い出したの

 

恩師のうつ病の友達の話聞いてて、私が精神科の教科書に載っている状態について説明したら

「そうやって精神科に書かれている事象を見ても意味ないんだよ

ちゃんと目の前のその人を見るんだよ

それが人として大切なことだよ」

 

その時はなんとなくわかったつもりして「うん」って軽くうなずいたけど

こういうことですね!先生

 

 

本当に素敵な先生でいっぱいなんだなっていうことで私はまたうれしい気持ちになるのでした

 

 

本当の本当にありがとう!私の周りにいる人々‐

 

 

それではまたね

修行中の身ですが、なんとか元気にやっています。

悲しいかな、人との距離感って時折大変難しい

 

自分が信じていた信念が、あとになって見てみたらクズみたいな信念だったりするの

というか、信念なんかじゃなくて目の前の「あなた」の気持ちをちゃんと聞くことが大事だよね

 

私の心の危うさが再び表に出てきて、私の心をぐじゃぐじゃのめためたにしてしまうのでした

 

子供の頃からそうなんだ

自分の境界と相手の境界があることを忘れて、自分の境界に「あなた」を取り込んだ状態を作り出してしまう

それは親から受け継がれた優しくて苦しい罠みたいな関わり方な気がする

 

自分の感情と「あなた」の感情を、自分の頭の中で一緒にみてしまうんだよ

「私はこう思っているんだから、あなたもこう思って当然でしょう」

「そこから外れたら、あなたはおかしいわ」

 

それは「あなた」の感情を完全に無視していたよね

自分が一番正しいから、自分の考えにしか頭行かなくて

「あなた」の言い分もわかるフリして、全然聞いてなくて

そして「あなた」を否定して、自分が正しくなって勝ち組になって気持ちよくなるの

関係性のマスターベーション?自己満的な?

 

 

なんだか、知らぬ間に嫌いな人間になっていたんだな

謝りたい人にちゃんと謝ろう

 

 

自分がボロボロになった時にわかってくることがあるんだろうな

私の神様ありがとう

 

おやすみなさい

f:id:maki3tutu:20170104002223p:image

ここにいるのにいないみたい

ここにいるのにいないみたい

 

そんな離人症的な発言をしてみる

 

肩が痛い、疲れやすい

そんなこともザラにあるけれども

 

私は何を探しておるんだ^^ 

 

何を探しておるんだ^^

 

気になるなぁ気になるなぁ~

 

 

幸せだけども幸せだけども

ここにいるのにいないみたい

 

さようなら

 

おやすみなさい

今日の反省

 f:id:maki3tutu:20161121001745j:imagef:id:maki3tutu:20161121001745j:image

お母さんが忙しくて子供に気を配れないように

 

仕事やら勉強やら恋やらで忙しくて

けっこう時間もカツカツで生きてて

周りに気を配る余裕もなくて(←これは性格かも)

 

そして相手が大変な時期だと

わかっているにも関わらず

自分の日常を吐き出す吐きツボのように

今日あったことをバーーっと言って

 

相手の状況やら気持ちなど考えずに

 

この間もそれで反省したのに

結局やっていることは変わらないから

 

もしかしたら、私はその人のこと

好きじゃないのかもしれないとも

思い始めている

 

相手のこと嫌いだから?

嫌がらせしているようなもんじゃん

 

なんでわざわざ相手が嫌がることを

積極的にやっているんだろうって

 

嫌い以外の理由があるのだろうか

 

 

嫌いなのかもしれないという気持ちは

間違いではないかもしれないけれども

それでも私にとって大切なヒトであることに

変わりはないんだような

 

勘違いしているんだな、きっと

離れるわけのない関係だって

どんな悪態ついたって

 

 

なぜ私は彼女にそんな依存しているんだ

好きと嫌いの共存、愛と憎悪の相反

 

 

 

 

 

本当にしたいのは

大切にしたいってことなのになぁ

 

(締め切り)ギリギリで生きていたいから〜

 

おつかれさまーばけーしょん。

 

あー、レポート終わったー

なんとか間に合ったー

でも発表の練習はしてないーやばいー

 

でも頑張ったーー

 

音楽のおかげで集中してできましたー

アリアナありがとう

グランデありがとう

 

 

 

そして私は武器を手に入れた

f:id:maki3tutu:20161121000522p:image

これ、マジで使える!

 おら、勉強がんばりますね!

 

 

捨てるもんを捨てると、自分の大切なものが見えてくる

 

最近はやりの断捨離かミニマリストかっていう文句のタイトルですが

 

そう思わされることの多いこと。

 

 

いらないことに頭を使っている時間の多いこと

健康や周りとの関係にうじうじしている時間の無駄なこと

 

うじうじしていることは立ち止まっているだけで

じゃあ、自分の理想と現実との差と、その差を埋めるための策を考えりゃいいだけなのに。

それさえ考えもせずにうじうじしている時間の多いこと(笑)

 

 

 

フィンランドの教育はストーリー方式なんだって。

エベレストをのぼりきるためにはどうすればいいか?

パン屋を起業するのに何が必要か?

必要な法律の知識、地図の見方、収支決済の仕方

必要な知識はたくさんあるよね。使うための勉強でなくてはいみないよね。

 

みんながみんなこんな教育を受けていたら、世界って変わるよな〜

私も答えをもらう受け身姿勢じゃなくてさ、自ら行動して起こせるような人になりたいような

めんどくさいような(笑)

 

 

 

あー、教育もよしもとばななのキッチン読んだけど、やっぱり名作だな。

私のバイブルにしようと思う。

 

 

 

 

さぁ、英訳するぞ!ガンバ自分

f:id:maki3tutu:20161107021305p:image

 

 

 

自分のキャパシティ

 

じぶんのキャパシティを把握できていないし、じぶんの口って悪いんだなって思い知らされる今日この頃。

今1D聴いてテンション上げているよ!

 

 

最近じぶんの苦手なところに目がいくので辛い。

やっぱり人には合う合わないあるけどさ、そういう問題の前にじぶんの問題が大きいな。

わたしって本当に口が悪いっていうか、自覚ないからなくしようがない…

一度立ち止まって考えてから喋るということをあまりしないから、バッと思った事言って相手の地雷を踏んじゃうのよねん*あほやーん

 

そういう突拍子もない人間だから、逆に臆せず色んなこと聞いたり、発言したりできるんだけども。

それも大事だけど、できるだけ人を傷つけたくもなくてさ。

わがままですけどもね。

 

 

まぁじぶんが人にされたくないことはしないようにしよう!

と今日もまたすぐに解かれるであろう誓いをするのです(笑)

おやすみなさい**

 

f:id:maki3tutu:20161022000501j:image

素敵なこと

 

今晩は普通の日記になると思う。

 

楽器のレッスンを受けてきた。

5時間みっちり吹き続けて大変疲れたけれども
大変勉強になるいい時間でした。

 

自分が目指すべきところが見えてきて
とても嬉しかった。

 

何よりもレッスンの先生が
疑いもなく夢を語る人で
とても尊敬できた。

 

 

そういう人が好きだ。

下手くそでも

ちゃんとした方法でやれば

自分が見失わなければ

ちゃんと物事は叶う。

 

そういう考え方の人が好きだ。

 

 

例えば、それが現実離れしていることだとしても。

 

 

自分の素直過ぎるところは
良くも悪くも自分の人生に
影響を及ぼしているのよねん。

 

 

でも騙されたりしながらも
こうやってここにいる自分が
大変好きなので今後も
この素直さでやっていこうと
思っております。

 

 

 

夢見がちなのも悪くないと思うんだいなー。

 

私は、年齢とか重ねても
やりたいことはやれると思うし
年重ねたから疲れやすいとかは運動不足であって
筋トレすれば体力つくと信じているし

 

年齢だからって自分を規定しないで
好きな物を好きといって
好きな人を大切にして

 

新しくできたシワとかシミとかも
お友達くらいに思って愛してあげたい

 

なんて思っている。

 

 

実際その時が来たらショックを受けるのかもしれないけど(笑)

 

いつでも感動していたいよね。

毎日、一喜一憂しながら過ぎる日々です。

 

考えの至らない発言をしてしまい、頭を抱えたり
誰かのちょっとした本音にチクリと傷ついたり

かと思えば

自分の自信のある部分を褒められて嬉しくなったり
仕事とか学校で頑張っていることが結果に繋がったり

 

良いことも悪いことも同じように同じくらいの量で
私の日々に届くので大変素晴らしいと思う。

 

私の人生でとても大きな悲しいことが起きないことを祈る。

 

そのためにちょっとずつ不幸貯金をしておきたい。
それと同じように幸せも定期的に小さく支給されたい。

 

 

尊敬する歌手のYUKIちゃんも
大大大好きな『キッチン』を書いたよしもとばななさんも
人生はどんなに頑張ったって不幸はきちんとやってくるのだから
つよく、笑顔で、生きていくしかない(生きていきたい)
と話している。

 

 

人の不幸も幸せもそれぞれで異なるし
私のこと不幸だなって見下す人もいるし
幸せそうだとうらやむ人だっているし
一緒に楽しく生きようっていう人もいるし
私も同じように誰かを見下したり、うらやむのよね。

 

 

そうそう。

つまりね、幸せはね、自分で決めるということですよ。

自分が良しとする世界を良し!とすることから始まるわけですよ。

周りがそれをとやかく言うたところでね。

自分の自分の幸せを決めて、行動を決定して、未来をつかむのは自分ということですよ。

 

 

それが家族だろうが、友達だろうが、恋人だろうが。

 

 

 

 

 

だとしてもよ。

傷ついてほしくないくらい大切な人の場合は
どうやって止めたらよいのだろうか。

 

難しい。声をかけるほどの関係性ではないし
関わりたいわけでもないし

でも私たちは切っても切れない関係。

うーむ。

だからこそ、信じるしかないのよね。

彼の運を。

彼女の人生を。

 

どうか、彼女に大きな不幸が訪れませんように。

ちょっと騙されたくらいにして

泣きべそかいて戻ってきて

自分を見つめ直して

自分の黒い黒い核なる点を知って

そして憎んで愛して泣きわめいて人生を呪って

 

「最後にこの人生でよかった」

 

そういってもらえるように私は出来る限り
毎晩祈ろう。

 

 

愛する彼女(彼)へ

今夜も健やかに布団で眠っていますように。

 

しくじり先生

 

しくじったな。

そんな時は次気をつけよう。

すごく落ち込むことがあったら、次頑張ろうと思おう…

 

みんな頑張ってたんだな〜

何か神秘的な話をしたかったんだけど

 

そんな話は私には存在しないのだ。

 

なんだろうな。

真皮、真否、心皮、神秘…

 

 

いや、前回というか、最近よく思うのがですね。

 

お祈りとか人の強い想いっていうのには、なにかしらの力があるんじゃないかしら。

とそう考えることが増えたのです。

 

それは私のここまでやってきて見えてきた1㎜くらいの隙間をのぞくような感覚なんですけど。

 

 

例えば、私が私の力を信じる気持ちとか、私が今の人生を愛する覚悟とか。

そういうものは、そういうものがない時と比較して、やっぱり気持ちとか起こることが違うんじゃないかなと思うんですよね。

分かりにくいよね。

 

 

例えば、私はどこでもやっていける!って漠然と思えていれば、案外そうなる気がするんですよね。それはだからこそ、辛いところでもがき苦しめってことじゃなくて、どこでもやっていけるんだから、自分が居心地がより良いところを目指す(行動を起こす)っていうようなイメージ。

反対にこんな私だからどこに行っても同じよ…と思っていれば、どこに行っても自ら変化しようとしない、ひねくれている、そんなイメージ。

前者の方が、人当たりもよさそうだし、笑顔が多そうですよね。

後者の方が根暗そうですよねん。

表面的なところで評価されて、周囲の状況が変わるということは容易に想像がつくんだけど、それだけではなくて、その思考がさ口とか顔に出していなくとも、電波とか生きる姿勢とかで相手に伝わるんじゃないかという、超絶イメージ論を展開する。

 

なんだろう。

私の身の回りの人が本当になぜか分からないけれども、不幸というか苦悩を呼び寄せる人で、これはこの人の生まれた★なのだろうか、それともこの人のネガティブな思想が周囲の人に伝わってしまうのだろうか、と考えることが多々あるからです。

 

私は人生で人間に拒絶されたことなんて片手に収まる程度だし、自分でこれ以上やったら自分壊れちゃうというアンテナピンピンですぐ逃げる質なんだけれども。

甘ちゃんと言われたら、「すみません」しか言えないけど。

 

そういう逃げる選択肢があがらないような思考をしてんだよね。

 

 

 

何言いたいか分からんんえ。

 

そして全然神秘の話じゃない。

 

まぁいいや。

今日はこの辺にしとこ。

文章書くリハビリ!

 

乙です。

涙の行方

 

今の私には何もない、空っぽっぽ。

悩みがない。

 

つまり文章を書くエネルギーがない。

 

怒りがないと、何も生まれない。

悲しみがないと、何も生まれない。

 

それは平和で素敵なこと。

 

だから私はそれを求める。

だから私は苦しい選択をする。

 

 

でもでも、振り返れば苦しいことなんて山のようにあって、私はそれを見ないふりしているだけなのかもしれない。もしくは、本当に平坦で楽ちんな人生なのかもしれない。

 

 

一度折れてしまった茎はどんなに真っ直ぐに戻ったって、折れた跡が残る。

 

うつ病になるのに3年かかって病気退職しても、復職するのに6年かかる。

 

50年我慢し続けても、いつか限界がきて爆発して無能になる。

 

 

 

そんなもんなのだ。

でもこういう苦しみを乗り越えて、新しい私に出会って、新しい生活を愛せるようになるのかもしれない。

じゃあ生まれつきそれを新しい私への更新の仕方を知っている人とそうでない人は何が違うのだろうか。

やはり、生まれや育ちだろうか。友達に恵まれたかどうかだろうか。その人の生まれ持った性質だろうか。それとも運だろうか。

 

私たちは何もかも選択しているのではなく、選択させられている。

あたかも自分の頭で考え、自分の意志で選んでいるように思っている。

でもそれは周囲の人間の質や言動に影響されるし、見ているものでしか人間が判断できないのであれば、そこに生まれたら選択肢はそこにあるものでしか選ぶことができない。考えたいように考えているのではなく、そのように考えさせられる環境にいるのではないか。

 

 

そうだと思う。だからそれしか選べないから、それを選択するという限定を少しでも減らしたい。そのための教育であると思う。

自力で調べる力をつけて、選択肢を増やせることが大切なのではないだろうか。

それを学ぶ場が学校であると思う。

 

 

 

 

話は変わって、継続するために必要な話し合いをするうえで大事なのは気合ですよね。

別に良し悪しではないし、決着を決めるわけでもないし、答えを出したいわけでもない。

自分の気持ちを分かってほしい、相手の気持ちを分かりたい。そうしたうえでお互いが納得できるかどうかの話である。納得して心地よくいるための手段である。

それが私は苦手である。

何か反論されたら「嫌われている」と思い込み、自分が何かを言うと「嫌われるんじゃないか」と思い込む。

自分大好き人間、うぬぼれ自意識過剰人間である。

残念であるが、そうなのである。

私は今訓練中なのである。あらゆる人と意見を交わすことを。

恐れてひるむ時もあるけれども、話していて思考停止になることもあるけれども。

私のことをそんなに嫌いになるほど興味を持っている人もいないし、そこまでうぬぼれなくてもいいんじゃ。

 

 

 

本当に書きたいことは最後のことだったね。

 

 

 

次は人間の神秘、不思議な力は絶対にあるという話から書き始めたいと思います。(笑)

 f:id:maki3tutu:20160527223159p:image